アップコン通信

アップコン通信

道路の沈下修正工事現場へ

2012年11月13日 9:57

こんにちは。コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

 

11月も中旬に入り、秋が深まってきました。

朝晩は、上着が欲しいくらい寒くなってきましたね。

 

先日のこと。

 

P1060712.jpg

 

道路の沈下修正工事を撮影するため、技術くんに同行して現場に行きました。

アップコンのある川崎市より更に北へ。。。。

 

PB070085.jpg

 

東北道を走ること数時間、景色はすっかり秋色に。

この辺りは、紅葉真っ盛りでした。

 

PB080980.jpg

 

現場近くにて。(虹が出ていたので撮影してみました^^)

※施工は夜間で行っていますが、施工前現場は明るい時間に撮影しました。

 

東北地方は震災の爪跡があちらこちらに残っています。

道路もその1つ。 現場に向かう途中の車内でも、時折アップダウンしたり、見た目にも沈んでいる箇所が何箇所か確認できました。

 

雪が降る前に、少しでも早く復旧工事が進めば良いですが・・。

 

 

 

★☆★ コンクリート版沈下修正工法 ( NETIS: KT-080008-A ) ★☆★

特殊発泡ウレタン樹脂を使用してコンクリート版における段差やひび割れの原因を解消する工法です。また、特殊発泡ウレタン樹脂は路床・路盤の支持力を向上させ、コンクリート版の性能を回復させます。

 

適用: コンクリート版維持・補修工

〇道路 〇橋・トンネル等の踏み掛け版 〇港湾・空港エプロン等のコンクリート舗装版


4コマ※ 詳しくは、コンクリート版沈下修正工法 (NETIS: KT-080008-A) をご覧下さい。

 

お問い合わせ・ご質問・資料請求は、フリーコール(0800-123-0120)でも受け付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ