アップコン通信

アップコン通信

【社長メルマガ】「銀行口座が作れない!」その4

2021年4月23日 15:00

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

 

 

 

第69号(2021/4/23発行)

 

 

 

 

「銀行口座が作れない!」その4

 

 

 

 

 

こんにちは!

コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。

 

 

 

前回の続きです↓↓

 

 

2001年、当時は銀行の再編があり、都銀は10行でした。

  
10行の内1行くらいに口座開設を断られたって

「な~んてことはない。」と思い、

翌日、他の銀行へ口座開設しに行くことにしました。

  

 

5月半ばの日差しは結構強いです。

ハンカチで汗を拭きながら

  
「それでは次は○○銀行へ行ってみよう。」

  
と最初は元気だったのですが、

3行も連続して断られると結構精神的に不安定になります。

  
その日は、

「今日はちょっと疲れたから明日にしよう。」

と自分に言い訳して実家のある川崎へ帰ることにしました。

  

  
銀行探し(?)3日目、

すでに最初の銀行含めて4行に断られています。

この日も、暑い、暑い5月の好天の日でした。
なるべく、オフィスの近くが便利だろうと思って銀行を選んでいましたが、

もう、そのようなことは言っていられません。

  
早く、口座開設できる銀行を見つけなければ・・・。

  
 

  
ところが、行く先々、みんな断られてしまいます。

 

「何でなんだろう?」

 

私はもう意地になってすべての都銀を訪問しました。

 

最後の都銀の時は、祈るように

 

「何とかOKもらえますように。」

  
という気持ちと

  
「もうこうなったら、

全部の銀行から断られたほうがいっその事、あきらめがつくからいいや。」

  
という気持ちが、半々になっていました。

  
 

 
そして、結果は10行目の都銀でも断られてしまいました。

どこへ行っても断られるだけ。

 
暑いし、足は歩き疲れているし、

精神的にも肉体的にも疲労困憊してしまいました。

  
 

  
銀行口座が作れない!

  
 

 

  
その日の夜、

  
「10行に断られたらあきらめがつくからいいや。」

  
という気持ちには全くなれませんでした。

  
逆に、オーストラリアの”彼“の怒り狂った顔が思い浮かんできます。

喜怒哀楽の激しい”彼“の【怒】はお目にかかりたくありません。

  
”彼“はこういうはずです。

  
「Oh, Nobu~.」

  
と、失望感を前面に出してため息をつきます。

  
 

  
銀行によって断る理由は少しずつ異なっていましたが、

ほぼほぼ最初の銀行の理由に近いものでした。

  

 

すなわち、

  
● “彼”の会社の日本法人の銀行口座を作るには

   ”彼“が銀行カウンターまで来ないといけない。

 

●  “彼”がいなくても銀行口座を作るには

   日本法人が存在していれば所定の申込で口座が作れる。

 

●  日本法人を設立するには銀行口座の残高証明書が必要である。

 

●  その銀行口座を作るには“彼”が銀行カウンターまで来ないといけない。

  

  
「やっぱり、できないじゃないか!

意味わかんないし!」

 

  
こんなおかしいことってあるんだろうか?

 

 

 

 name2

 

アーカイブ