お知らせ

お知らせ

【プレスリリース】“ウレタン空洞充填工法”のご紹介

2022年5月27日 11:36

近年増加している道路陥没事故に対応

ウレタン樹脂で道路の空洞を素早く充填する“ウレタン空洞充填工法”のご紹介

EE東北‘22に出展いたします-

報 道 各 位

アップコン株式会社(本社:神奈川県 川崎市 代表:松藤 展和 以下アップコン)は、ウレタン樹脂を使用して道路などに発生した空洞を素早く解消する「ウレタン空洞充填工法」を、6月1日-2日に開催されるEE東北‘22(夢メッセみやぎ)でご紹介させていただきますのでご案内いたします。

近年増加している道路の陥没は、多くが下水道などの埋設管の老朽化により、管の一部が破損、地下水が侵入し、周辺地盤の土砂が管内に吸い込まれ、減少していくことで周辺地盤の支持力が失われ、空洞、緩みが拡大して道路が陥没する要因となっています。

アップコンのウレタン空洞充填工法は、このような、道路などに生じた空洞を、特殊ウレタン樹脂を使用して短工期で充填します。ウレタン樹脂は一度に多量の吐出をすると、熱が蓄積され焦げ付きや煙が発生しやすいため、大規模な空洞充填には不向きでした。アップコンでは熱を抑える特殊ウレタン樹脂を開発、ウレタンの多量吐出を可能とし、大規模な空洞でも短工期で充填することを可能にしました。

注入した特殊ウレタン樹脂は収縮せず、軽量のため自重による再沈下の可能性も抑制します。

主な特長

■短工期

■開削の必要なし

■軽量

■省スペースの施工

6月1日(水)2日(木)に開催されるEE東北‘22に出展し、新工法としてご紹介いたします。また、期間中ブースでは、コンクリート舗装版の補修工法を実際にウレタン樹脂を使用したデモンストレーションを交えてご紹介いたします。是非ブースにお越しください。

EE東北‘22開催情報

主催 国土交通省東北技術事務所

会期:6月1日(水)-2日(木) 

開催場所:夢メッセみやぎ(宮城県仙台市宮城野区港3丁目1-7)

アップコンブース:B-19

<本件に関する問い合わせ先>

アップコン株式会社

広報担当 龍野(たつの)  TEL:044-820-8120