アップコン通信

アップコン通信

日本道路会議

2013年12月2日 14:07

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

福島県 郡山国道4号バイパス 災害復旧工事に、アップコンのコンクリート版沈下修正工法が採用されたことは、以前、ホームページで紹介しました。
注入②.jpg
総施工面積: 約2,430㎡
実働日数: 24日
(↓↓クリックしてご覧下さい↓↓)
日本道路会議マーク.jpg
このことが、『被災したコンクリート舗装版復旧への沈下修正工法の導入』という論文で、
・国土交通省 東北地方整備局内の技術発表会
・第30回 日本道路会議 
にて、国交省のご担当者の方に発表頂きました。
ありがとうございました。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

★☆★ コンクリート版沈下修正工法 ( NETIS: KT-080008-A ) ★☆★

特殊発泡ウレタン樹脂を使用してコンクリート版における段差やひび割れの原因を解消する工法です。また、特殊発泡ウレタン樹脂は路床・路盤の支持力を向上させ、コンクリート版の性能を回復させます。

 

適用: コンクリート版維持・補修工

〇道路 〇橋・トンネル等の踏み掛け版 〇港湾・空港エプロン等のコンクリート舗装版


4コマ※ 詳しくは、コンクリート版沈下修正工法 (NETIS: KT-080008-A) をご覧下さい。


お問い合わせ・ご質問・資料請求は、フリーコール(0800-123-0120)でも受け付けています。  

施工映像のページを設置しました

2013年10月25日 10:56

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

北海道から九州・沖縄まで、ニッポン全国調査・施工にお伺いしているアップコン。
その都度、写真を撮らせて頂いたり映像を撮らせて頂いたりしています。
現在、ごく一部ですが、Youtubeの方に施工映像などアップしているのですが、アップコンのホームページでも、映像のメニューを設置しました。
是非ご覧下さい。
↓↓↓
これからも、紹介できる映像があれば、アップしていきたいと考えています。

★☆★ コンクリート床沈下修正工法 アップコン ★☆★
沈んだコンクリート床の下に特殊ウレタン樹脂を注入し、樹脂の発泡圧力で沈んだ床を元に戻す工法です。床の沈下やたわみを、業務を止めずに超短時間で修正します。
 

不同沈下した住宅や、工場・倉庫・店舗等の沈んだ土間コンクリートなど。避難場所にもなる学校の教室や体育館の床も、短工期で修正します。


4コマ※ 詳しくは、
コンクリート床スラブ沈下修正工法アップコン

   

国交省 建設技術展示館に出展します

2013年10月25日 10:39

こんにちは。コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

去る5月のこと。国交省より、NETISに技術登録しているアップコンに、「関東地方整備局の敷地内にある建設技術展示館において、アップコンの技術を紹介しないか」といった内容の案内がありました。
開催期間は、11月より2年間。
道路や空港など、公共工事の実績も増えてきましたので、是非この機会に!と思い、応募させていただきました。
書類審査があったのですが、後日選定の通知書を頂き、一昨日その搬入作業をしてきました。
a.jpg
b.jpg
11月初日には、リニューアルオープン式典があるとのこと。
2年間展示していますので、お時間ありましたら、お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りいただければと思います。

★☆★ コンクリート版沈下修正工法 ( NETIS: KT-080008-A ) ★☆★

特殊発泡ウレタン樹脂を使用してコンクリート版における段差やひび割れの原因を解消する工法です。また、特殊発泡ウレタン樹脂は路床・路盤の支持力を向上させ、コンクリート版の性能を回復させます。

 

適用: コンクリート版維持・補修工

〇道路 〇橋・トンネル等の踏み掛け版 〇港湾・空港エプロン等のコンクリート舗装版


4コマ※ 詳しくは、コンクリート版沈下修正工法 (NETIS: KT-080008-A) をご覧下さい。


お問い合わせ・ご質問・資料請求は、フリーコール(0800-123-0120)でも受け付けています。  

アーカイブ