アップコン通信

アップコン通信

【社長メルマガ】東京タワー

2021年10月15日 15:38

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

第118号(2021/10/12発行)

東京タワー

こんにちは!
コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。  
   

1958年12月23日東京タワーが竣工されました。
63歳、私と同じ年です。  

正式名称は日本電波塔(にっぽんでんぱとう)。
この東京タワーの階段を一昨日、10月10日に登ってきました。  
 
  
「東京フォトウォーク」というイベントに参加しました。

都内のチェックポイントを自由に巡り「東京タワー」を目指すウォーキングイベントです。
スタート地点の「ウォーターズ竹芝」と、フィニッシュ地点「東京タワー」の間に設定された
15か所のチェックポイントを自由に巡ります。  

ウォーターズ竹芝をスタートしてチェックポイントは  

→ 旧芝離宮恩賜庭園 → イタリア公園 → 浜離宮恩賜庭園 → 豊岩稲荷神社 → 歌舞伎座 → 東京駅 → 和田倉噴水公園 → 日比谷公園 → 国会議事堂 → 日枝神社 → 虎ノ門ヒルズ → 愛宕神社 → 芝公園 → 増上寺 → 東京タワー  

という感じです。  

それぞれの地点で写真を撮ってアプリを使って通過した証明とします。
距離にして約15キロくらいです。これを2時間半ほどで早歩きしてきました。 
 
スタート時は小雨も降っていましたがその後は好天となり最後は汗びっしょりです。  
   

フィニッシュ地点です。  
アップコン社員Mさんとゴールです。
さて本番はこれからです。  
東京タワーの外階段、なんと600段!

スタート地点はこんな感じ。

高さ333メートルの東京タワーのメインデッキまで、150メートルを階段で登ります。
もちろんタイムとか競っていないのでマイペースで登りました。  

途中で写真を撮ったり、深呼吸したりしながら私は12分くらい。
Mさんは9分くらいだったそうです。
(2~3歳くらいの女の子も家族と一緒に登っていました。)  
  
登る前までは大丈夫かなと少し心配していたのに、いざ登り始めてみたら意外と簡単。
やっぱり何事もトライしてみないとわからないものなんだな、と改めて思った次第です。  

自分にはできないと思って何もしないよりも、
できるかできないか実際にやってみて判断したほうが、
自分の可能性を広げるチャンスがあるかもしれませんね。  

アップコンも今年7月に東京証券取引所へ上場しました。
まだまだ可能性を求めて、さらに躍進していきたいと思っています。  
   
   
PS.  
ちなみに東京タワー階段レースの最速タイムは2分6秒だそうです。  
東京スカイツリーの9,097段(避難階段5往復)は
日本の「階段王」として知られる渡辺良治さんが
1時間6分58秒のギネス記録を昨年11月に達成されています。  


何事も一段一段ですね。

【社長メルマガ】地震

2021年10月14日 11:04

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

第117号(2021/10/8発行)

地震

こんにちは!
コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。  


 昨晩、午後10時41分
千葉県北西部を震源とするマグニチュード6.1の大きな地震がありました。
埼玉県や東京都では最大震度5強の揺れが確認されています。
隣の横浜市でも震度5弱でした。
アップコンのオフィスがある川崎市高津区は震度3でした。  
  

緊急地震速報がなるや否や最初に下から突き上げるような衝撃がありました。
そして横揺れが続きます。
10年前の東日本大地震の経験が呼び起されます。  
  
私の家も被害を受けました。
高層マンションに住んでいるので大きな横揺れが長く続きました。
10分くらい続いたような気がします。
被害と言っても、熱帯魚を飼っている水槽から水が飛び溢れ出たというレベルですけど。
 
水槽は大小合わせて10ほどあります。  

水槽の長辺が東西方向に置かれているものと、
南北方向に置かれているものの2パターンの配置があります。
東日本大震災の時は東西方向に置かれている水槽から水があふれ出ました。
水槽近くに置いてあった書類が水浸しになったのを覚えています。  

私はマンションの形状からこの建物は東西に揺れやすいのかなと思っていました。  

  
ところが今回は南北方向に揺れたのです。  

長方形のマンションで言うと長辺方向に左右に揺れ続けたことになります。
震源地はマンションから東北東に位置します。
東日本大震災の時は震源地の方向は北東になります。
東北東と北東、というほぼ同じような方向で発生した地震による影響でも
建物の揺れ方が90度違ったことは驚きでした。  
  

幸いなことに一番大きな150センチ水槽は
蓋もないのに水は一切こぼれ出ませんでした。

無傷でした。東西方向に置かれていました。  

一方、その水槽の真横に直角に置いてある120センチと90センチの水槽は
蓋があるにもかかわらず、水槽内の水が波を打ってガラス蓋を押し上げ
床面に水があふれ出ていきます。  

 “天災は忘れたころにやってくる”とは毎度のように言われますが、
アクアリストとしては水槽の地震対策を再検討し、
準備を怠らないようにしないといけないと思った昨晩でした。  
   


地震と地盤は切っても切れない関係にあります。
地盤における地震対策は何があるでしょうか?  


津波に対しての防波堤のようなもの、
とまではいかなくても私たちの足元の地盤に対しても様々な地震対策は考えられます。  

そのひとつとして空隙充填があります。  

工場・倉庫・店舗の床下に空隙がある状態で大地震が来たらどうなるでしょうか?
コンクリート床直下に支持する地盤がなければ地震の揺れと同時に、
コンクリートの床は波打つように大きく揺れます。
最悪、コンクリートは壊れ、陥没します。

その上に人がいたらと思うとぞっとします。  

   
2007年、マグニチュード6.9の能登半島地震が起こりました。  

とある高校の体育館の床が全壊しました。
フローリングがバキバキに折れているのはもちろん、
その下のコンクリート床自体が壊滅状態でした。
ここまで被害が大きくなった原因はコンクリート床直下の空隙でした。

約10センチの空隙があっただけでコンクリートはバラバラに壊れてしまいました。  

近隣の他の学校は、壁や天井に被害はあったものの、床は大丈夫でした。
この高校の体育館の床下には空隙があったため、震災後の避難所としては役に立たず、
最終的には補修ではなく、取り壊して新設されることになりました。  

工場・倉庫・店舗の床下に空隙があるかどうかは調べてみないとわかりません。 
でも、間接的に空隙の存在を知ることもできます。
床が振動している、床下から虫が出てきた、フォークリフトが通ると床がバタつく、などなど。  

もちろん、床が沈下していれば当然空隙があることも疑ってみることが重要です。  
   


“天災は忘れたころにやってくる”  


昨晩の地震は、私たちに日常の地震対策について再考を促す警告だったかもしれませんね。


PS.

調査無料キャンペーン!まもなく終了します。
先着50社限定としていましたが、あっという間に50社超えてしまいました。

ですが東京証券取引所TOKYO PRO Market上場記念でもあります。  
10月31日までお申し込みの方はすべて調査無料とします。
頑張ります!
http://www.upcon.co.jp/contents/news/archives/1332

【社長メルマガ】振動測定

2021年10月8日 10:00

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

第116号(2021/10/5発行)

振動測定

こんにちは!
コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。  
   

「日本は地震国です」と言うのは、言うまでもないことですが、
先月、私が以前住んでいたオーストラリアで地震が発生しました。  
場所はオーストラリア第二の都市メルボルンの北東部で、震源の深さは10キロ。
マグニチュードは5.9だったようです。  
日本で使われている震度○○という値がないので、体感ではどれくらいの規模だったのかはわかりませんが、
映像を見ると壁の一部が崩れ落ちたビルもあるようです。

めったに地震がないオーストラリアでは皆さん驚かれたことでしょう。  


実は日本では地震はほぼ毎日発生しています。  


今日(10月5日)も午前6時06分に宮城県沖で最大震度2の地震が発生しました。
マグニチュードは4.2でしたが震源の深さが50キロだったこともあり
震度が2程度で治まったのだと思います。  
日本全国では震度1にも観測されない揺れは毎日起こっています。
そしてその揺れの原因は地震だけとは限りません。  
地面は生活振動と呼ばれる車、列車、工場、工事などが原因で
日常的にわずかに揺れています。  
   

アップコンの本社は川崎市高津区溝の口にあります。  

高津区の「高津」は「高」は川の上流をさし、「津」は港を意味するととらえて、
「高津」というのは「多摩川のやや上流に位置する川港」
という地域の特性から名づけられたという説があります。

溝の口は、ミゾというのは本来、丘の下にきざまれた小さな谷のことを言います。
溝の口の「ミゾ」は平瀬川のつくる小さな谷をさすのではないかと思われます。
そして、下作延まで丘陵の間の谷間を流れてきた平瀬川が、
この地に来て、広大な多摩川の低地に出ます。
その谷の出入り口にあたることから
「ミゾの口」と言われるようになったといわれています。  

ということはアップコン社周辺の地盤も軟弱であることが想像できます。

実際、南部沿線道路際でバスを待っている時など、
大型車が通るたびに地面が揺れるのが足元から伝わってきます。


工場の場合は自社の機械自体が振動の発生源になっている可能性があります。  

従来は工場内に機械を設置する時には、
その機械の下は機械基礎と呼ばれる構造になっていました。
機械の下のコンクリート床が周辺の土間床よりも厚く作られています。  
土間床が15センチくらいの時に機械基礎は
50センチから1メートル程の厚さで作られています。
機械の振動をコンクリートで受けて、振動を吸収してしまおうという設計です。  
ところが最近建設される工場には機械基礎がない工場が多くみられます。  

工場内の機械のレイアウトが定期的に変更されることに対して、
フレキシブルに対応できるようにするためです。  

土間厚を15センチから20センチにするなどの工夫はしているのですが
機械の振動を床が吸収しきれない場合があります。
通常は機械の振動はコンクリート床へ伝わり吸収され、
また、吸収されなかった振動も、直下の地盤に伝わり、地盤で吸収されます。  
ところが地盤によっては、振動を吸収するどころか、
増幅してしまうような場合があります。  

また、コンクリート床の直下が地盤に接してなく、
空隙がある場合にはさらにコンクリート床は振動しやすくなります。  
 工場で最新の機械を導入して、生産スピードを上げるつもりだったのに、
機械を動かしてみたら不良品が多く発生してしまう。
ほとんどの場合、原因は機械にはありません。

床の振動を疑ってみてください。  

工場によっては機械の近くに立ってみると
明らかに振動が足元から伝わってくる床があります。  
人間が感じなくても振動計で計測してみると数値ではっきりとわかります。
機械を止めている時、稼働させている時、それぞれの床の振動を計測します。  
また、コンクリート床に直径16ミリ(1円玉よりも小さい)の穴をあけて
CCDカメラでコンクリート直下の地盤を見てみると空隙が見つかる場合もあります。  
   
床は下がっていなくても機械が振動している。
それによって不良品が発生している。だから歩留まりが低い。  


このようなお悩みがある工場は一度床の振動測定をしてみたらどうでしょうか?


不良品が多い工場の原因は地盤が9割
振動抑制することで悩みが吹っ飛びます!
PS.

床の調査無料キャンペーンも後半になりました。
http://www.upcon.co.jp/contents/news/archives/1332
当社ホームページに施工事例をアップしました。
新機械設置のための振動抑制
http://www.upcon.co.jp/contents/case/archives/1199

【社長メルマガ】内定式

2021年10月7日 10:44

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

第115号(2021/10/1発行)

内定式

こんにちは!
コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。  


   
2021年10月1日
アップコン社内で内定式が開かれました。  

毎年当たり前のように入社式、内定式を4月と10月に開いていますが
私個人はどちらも当人として出席したことはありません。  

というのも、私が大学院を卒業して最初に入った会社は
ニューヨークの設計事務所でした。
この設計事務所では学生の頃からインターンシップで働いていました。
さらに私の場合はインターンながら給与もいただいていました。
そして卒業後もそのまま働き続けたので○○式というものは一切ありませんでした。
  
新入社員の歓迎会のようなものもありませんでした。
毎日事務所へ行けば、休む暇もなく仕事、仕事の連続でした。
仕事、会社、社会人とはこういうものなのかなと思っていました。  


2番目に入った会社はシドニーの大手設計事務所です。  

ここでも入社式というものはありませんでした。
もちろん今度は転職ですからね。
しかし、入社して最初の週の金曜日に
グループの上司と数人でランチを食べに行って祝ってもらったのを覚えています。 
 
海外では日本のように3月に卒業、
4月に入社を一斉に行うという習慣はないのでしょうね。  

というか、日本の習慣がガラパゴス化しているのでしょうね。
  
大学もセメスター制やクォーター制を取っていると
誰がいつ入学して卒業するのかわからないし、
卒業の時期についてもあまり意味のないことのように思われます。
  
新卒採用ばかりにこだわっていると
ますます世界の進歩から取り残されてしまうのではないでしょうか。  

   

さて、アップコンの内定式。  

代表取締役社長である私は、緊張している学生の前でスピーチしました。  

今年の内容は  

「卒業までのこれからの半年間は学生から社会人への移行期間です。
4月になったらいきなり社会人になりました、とはなかなかなりません。
もちろん、学生は卒業しているので世間的には社会人なのですが
社会人としての心構えができているとは限りません。  
そのためにも、これから一人の社会人として生きていくんだという自覚をもって
残りの学生生活をエンジョイしてほしいと思います。」  

ということを話しました。  

今までの内定式では  

「学生生活を悔いの残らないようにエンジョイしてほしい」  

と言っていましたが、今年は少しニュアンスを変えてみました。  

小学校から大学までの16年間の学生生活。
大なり小なりの人によっての進度の差はありますが、小学校を卒業したら中学生。  
中学校を卒業したら高校生。  
そして高校を卒業したら大学生にみんな一緒に進んでいきます。  
しかし、これからは学生生活の約3倍の期間を社会人として
生きていかなくてはなりません。  

そして、みんな一緒に進んでいくということもありません。  

そのためにも早く社会人としての第一歩を歩みだせるように
これからの6か月間の時間を有意義につかって成長してもらえればと期待しています。

※写真は昨年度のものです

【社長メルマガ】東京マラソン・その3

2021年10月1日 10:42

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

第114号(2021/9/28発行)

東京マラソン・その3

こんにちは!
コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。


9月17日17時
東京マラソンエントリーセンターから「東京マラソン2021の開催延期について」
というメールが来ました。  

東京マラソン2021開催延期判断の経緯についての報告です。
その中に、  

●東京マラソン 2021 への出走を目指し、コロナ禍においてトレーニングに励まれた
参加者の皆様の努力や大会開催に向け尽力された関係者の方々の準備を
無駄にしないため、また既に参加料を頂いている参加者の皆様の負担を避けるため、

東京マラソン 2021 は、開催条件が整うまでの間、状況を注視し、
来年 3月6日(日)に開催を延期することといたしました。  

と書いてありました。

開催本部は最後までいろいろ考え、
悩んだ末のこの決定だったんだな、ということがわかります。  

エントリーしている私たち出走者のこともしっかりと配慮されているようです。  
   

西島美保子(にしじまみほこ)さんってご存知ですか?  

東京パラリンピック最終日の女子マラソンで8位入賞した方です。
西島さんは今大会日本選手団最年長の66歳です。
その西島さんが3時間29分12秒で完走しました。
レース中、何度も立ち止まって痙攣する脚をストレッチしながらのゴールでした。
  
すごいなって思いました。  
   

大村崑(おおむらこん)さんってご存知ですか?

「元気ハツラツ!オロナミンC」の俳優 大村崑さんです。
まもなく90歳になられるそうです。
その大村崑さんがライザップで筋肉モリモリになっています。
筋トレにはまって今では筋トレの崑さんと呼ばれているそうです。
  
 私よりも先輩である方々が生き生きと輝いて活躍されています。
であれば、東京マラソン2022に出走するか、返金してもらうか・・・  


答えは出たようです。  


いつまでも輝いていられるように
健康のために努力を日々継続し続けていこう、と。
PS.

お知らせです!  

UPCON EXCITE MATCH
11月3日(水)文化の日  / サッカーJ1 第34節
川崎フロンターレ VS 浦和レッズ
 川崎フロンターレのホーム等々力スタジアムで開催されます。
キックオフは13:05  

NHKとDAZNで放映されます。
アップコン社員も全員スタジアムに集合しています!

アーカイブ