アップコン通信

アップコン通信

北関東自動車道 ひたちなかIC コンクリート舗装版災害復旧工事

2012年11月16日 14:47

こんにちは。コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

 

東日本大震災で沈下した 北関東自動車道 ひたちなかIC コンクリート舗装版の修正をさせて頂きました。

 

PA190026.jpg

【施工プラント車を料金所内に設置】

 

このICは全部で7レーンあり、今回はその内の半分以上のレーンを コンクリート版沈下修正工法 にて修正させて頂きました。

 

削孔注入測量.jpg

 

沈下による水溜りを防ぐため、水勾配をとった高さを設定し、沈下したIC内の舗装版を、ほぼ計画通りに修正させて頂きました。

 

施工前施工後.jpg

 

※一部はお客様が設計した計画値内で修正し、一部は打換え工で対応予定とのこと。

 

 

★☆★ コンクリート版沈下修正工法 ( NETIS: KT-080008-A ) ★☆★

特殊発泡ウレタン樹脂を使用してコンクリート版における段差やひび割れの原因を解消する工法です。また、特殊発泡ウレタン樹脂は路床・路盤の支持力を向上させ、コンクリート版の性能を回復させます。

 

適用: コンクリート版維持・補修工

〇道路 〇橋・トンネル等の踏み掛け版 〇港湾・空港エプロン等のコンクリート舗装版


4コマ※ 詳しくは、コンクリート版沈下修正工法 (NETIS: KT-080008-A) をご覧下さい。

 

お問い合わせ・ご質問・資料請求は、フリーコール(0800-123-0120)でも受け付けています。

アーカイブ