アップコン通信

アップコン通信

【社長メルマガ】振動測定

2021年10月8日 10:00

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

第116号(2021/10/5発行)

振動測定

こんにちは!
コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。  
   

「日本は地震国です」と言うのは、言うまでもないことですが、
先月、私が以前住んでいたオーストラリアで地震が発生しました。  
場所はオーストラリア第二の都市メルボルンの北東部で、震源の深さは10キロ。
マグニチュードは5.9だったようです。  
日本で使われている震度○○という値がないので、体感ではどれくらいの規模だったのかはわかりませんが、
映像を見ると壁の一部が崩れ落ちたビルもあるようです。

めったに地震がないオーストラリアでは皆さん驚かれたことでしょう。  


実は日本では地震はほぼ毎日発生しています。  


今日(10月5日)も午前6時06分に宮城県沖で最大震度2の地震が発生しました。
マグニチュードは4.2でしたが震源の深さが50キロだったこともあり
震度が2程度で治まったのだと思います。  
日本全国では震度1にも観測されない揺れは毎日起こっています。
そしてその揺れの原因は地震だけとは限りません。  
地面は生活振動と呼ばれる車、列車、工場、工事などが原因で
日常的にわずかに揺れています。  
   

アップコンの本社は川崎市高津区溝の口にあります。  

高津区の「高津」は「高」は川の上流をさし、「津」は港を意味するととらえて、
「高津」というのは「多摩川のやや上流に位置する川港」
という地域の特性から名づけられたという説があります。

溝の口は、ミゾというのは本来、丘の下にきざまれた小さな谷のことを言います。
溝の口の「ミゾ」は平瀬川のつくる小さな谷をさすのではないかと思われます。
そして、下作延まで丘陵の間の谷間を流れてきた平瀬川が、
この地に来て、広大な多摩川の低地に出ます。
その谷の出入り口にあたることから
「ミゾの口」と言われるようになったといわれています。  

ということはアップコン社周辺の地盤も軟弱であることが想像できます。

実際、南部沿線道路際でバスを待っている時など、
大型車が通るたびに地面が揺れるのが足元から伝わってきます。


工場の場合は自社の機械自体が振動の発生源になっている可能性があります。  

従来は工場内に機械を設置する時には、
その機械の下は機械基礎と呼ばれる構造になっていました。
機械の下のコンクリート床が周辺の土間床よりも厚く作られています。  
土間床が15センチくらいの時に機械基礎は
50センチから1メートル程の厚さで作られています。
機械の振動をコンクリートで受けて、振動を吸収してしまおうという設計です。  
ところが最近建設される工場には機械基礎がない工場が多くみられます。  

工場内の機械のレイアウトが定期的に変更されることに対して、
フレキシブルに対応できるようにするためです。  

土間厚を15センチから20センチにするなどの工夫はしているのですが
機械の振動を床が吸収しきれない場合があります。
通常は機械の振動はコンクリート床へ伝わり吸収され、
また、吸収されなかった振動も、直下の地盤に伝わり、地盤で吸収されます。  
ところが地盤によっては、振動を吸収するどころか、
増幅してしまうような場合があります。  

また、コンクリート床の直下が地盤に接してなく、
空隙がある場合にはさらにコンクリート床は振動しやすくなります。  
 工場で最新の機械を導入して、生産スピードを上げるつもりだったのに、
機械を動かしてみたら不良品が多く発生してしまう。
ほとんどの場合、原因は機械にはありません。

床の振動を疑ってみてください。  

工場によっては機械の近くに立ってみると
明らかに振動が足元から伝わってくる床があります。  
人間が感じなくても振動計で計測してみると数値ではっきりとわかります。
機械を止めている時、稼働させている時、それぞれの床の振動を計測します。  
また、コンクリート床に直径16ミリ(1円玉よりも小さい)の穴をあけて
CCDカメラでコンクリート直下の地盤を見てみると空隙が見つかる場合もあります。  
   
床は下がっていなくても機械が振動している。
それによって不良品が発生している。だから歩留まりが低い。  


このようなお悩みがある工場は一度床の振動測定をしてみたらどうでしょうか?


不良品が多い工場の原因は地盤が9割
振動抑制することで悩みが吹っ飛びます!
PS.

床の調査無料キャンペーンも後半になりました。
http://www.upcon.co.jp/contents/news/archives/1332
当社ホームページに施工事例をアップしました。
新機械設置のための振動抑制
http://www.upcon.co.jp/contents/case/archives/1199

アーカイブ