物件別工事

こんな症状があったらアップコンにご相談ください!!

施工事例

介護施設・病院

短時間で修正します。騒音・ほこり・振動がほとんどありません。

動画でご紹介

既設床を利用し短時間で修正するアップコン工法。沈んだ床が上がっていく様子を、
映像でご覧下さい。

施工手順

【1.施工プラント車配置・施工準備】

  • ・施工プラント車を建物出入り口付近に配置し、使用機材の準備をします。
  • ・荷物や机などにビニールシートで養生をします。
  • ・施工前の、床レベルの測量をします。(オートレベル使用)
  • ・削孔位置をマーキングします。(@1.0m)

【2.ウレタン注入孔削孔】

  • ・事前にマーキングした削孔位置を、振動ドリルを使用して削孔します。
  • ・φ=16mmのドリルピットにて削孔し、スラブ下の地盤まで抜き切ります。
  • ・削孔かすは適時、集塵機、箒等を使用して取り除きます。

【3.沈下修正工もしくは空隙充填工(ウレタン樹脂注入工)】

  • ・削孔した穴へ、注入用ノズルを隙間の出来ないよう挿入設置します。
  • ・修正箇所まで注入ホースを延長します。
  • ・設置した注入用ノズルに注入ガンを取り付けます。
  • ・注入ガンの上からビニール袋を被せ、飛散防止、養生をします。
  • ・レーザーレベル、レーザー墨出し器等で高さの変動を常に確認し、
     目視でも確認し、上がりすぎないように充分注意しながら樹脂を注入します。
  • ・再注入する場合は、同一の穴を再削孔して、樹脂を注入します。

【4.雑工】

  • ・オートレベルにより、施工前の同一点のレベル測定を行います。
  • ・修正目標値まで修正が確認されれば、注入孔を無収縮モルタルにて、穴埋めを行います。
  • ・箒、集塵機等を使用し現場の清掃を行います。