物件別工事

こんな症状があったらアップコンにご相談ください!!

施工事例

空港

樹脂注入は、常にレベル確認をしながら行います。
オートレベルやレーザーレベルを使い、ミリ単位で管理します。

港湾

資機材一式は4t車に搭載。現場に特別なプラントの設置は不要です。

動画でご紹介

CO版直下に硬質ウレタン樹脂を注入し、沈下・段差・バタつきを解消します。

施工手順

【1.施工プラント車配置・施工準備】

  • ・交通規制後(空港の場合は、管制塔からの進入許可確認後)、施工プラント車を所定の位置に配置し、
    歯止めをしっかりとして、使用機材の準備をします。
  • ・在来地盤高及び段差量を測量します。(オートレベル使用)
  • ・周辺影響物の確認及び養生を行います。
  • ・削孔位置をマーキングします。(@1.0m)

【2.ウレタン注入孔削孔】

  • ・事前にマーキングした削孔位置を、振動ドリルを使用して削孔します。
  • ・φ=16mmのドリルピットにて削孔し、路盤まで抜き切ります。
  • ・削孔かすは適時、集塵機、箒等を使用して取り除きます。
東京国際空港D滑走路維持管理等工事

東京国際空港D滑走路維持管理等工事

【3.沈下修正工もしくは空隙充填工(ウレタン樹脂注入工)】

  • ・削孔した穴へ、注入用ノズルを隙間の出来ないよう挿入設置します。
  • ・設置した注入用ノズルに注入ガンを取り付けます。
  • ・注入ガンの上からビニール袋を被せ、飛散防止、養生をします。
  • ・注入周辺の削孔済の穴には、桶やビニール袋等をかぶせ、
    飛散防止養生を行います。
  • ・レーザーレベル、レーザー墨出し器等で高さ変動を常に確認し、
     目視でも確認し、上がりすぎのないように充分注意しながら樹脂を注入します。
  • ・再注入する場合は、同一の穴を再削孔して、樹脂を注入します。
郡山国道4号バイパス 災害復旧工事

郡山国道4号バイパス 災害復旧工事

【4.雑工】

  • ・オートレベルにより、施工前の同一点のレベル測定を行います。
  • ・修正目標値まで修正が確認されれば、注入孔を無収縮モルタルにて、穴埋めを行います。
  • ・箒、集塵機等を使用し現場の清掃を行います。