アップコン通信

アップコン通信

富士通スタジアム川崎にて・・

2015年5月14日 18:31

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

 

新緑の時期真っ盛り。5月も半ばを過ぎました。

季節の移り変わりは早いものですね。

 

アップコンは来月(6月18日)、創立12周年を迎えます。

毎年イベントを開催するのですが・・・、さて今年は??

 

実は、アップコンは、現在 “リブランディング” に取り組んでおり、その一環で、現場で作業着として使用しているユニフォームを一新します。

先日、そのユニフォームが完成し、選出されたアップコンの技術くん技術ちゃんたちで、プロのカメラマンによる写真撮影を行いました。

 

場所は、富士通スタジアム川崎。

 

その様子が、富士通スタジアム川崎のブログで紹介されました。

富士通スタジアムブログ「GW明け」 ←クリック!

 

さすが、プロのカメラマン!

後で写真を見たところ、キレイな芝生の上で、みんな、とってもかっこよく撮れていました。

後日、公開するのが楽しみです^^。

 

また、創立記念日である6月18日、川崎商工会議所で、ブランディングセミナー(アップコン主催)も開催します。

ご興味ある方は、アップコンまでお問合せ下さい。

 

機械要素技術展を終えて・・

2013年7月2日 9:06

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

 

先日、アップコンが創立10周年を迎えたことはブログでご紹介しました。

その翌日より、アップコンは、東京ビックサイトで開催されていた 『機械要素技術展』 に出展していました。

 

この展示会、アップコンにとっては初出展。

 

軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門展示会。

工場の沈んだ床を多く修正してきたアップコン。 工場関係者の方々に更にアップコン工法のことを知って頂きたく、出展しました。

 

P1070529.jpg

 

会期は、6月19日(水)~21日(金)までの3日間。

開始当初は、ボチボチの来場者でしたが・・、

 

P1070530.jpg

 

時間帯によっては、すごい人だかりになりました。

出展を検討していた頃より、来場者が大変多く、出展の人気も非常に高い展示会と聞いていましたが、改めてその規模の大きさを実感!

 

P1070540.jpg

 

工場などの “床の沈下修正” だけでなく、”床の振動軽減” 効果もあることをアピール。

実際の施工現場で撮影した、床下空隙(空洞)充填の映像も披露しました。

アップコンブースに立ち寄って頂いたお客様に、ウレタン樹脂のデモンストレーションだけでなく、空隙(空洞)充填の映像も、関心を持って見て頂くことができました。

 

会期中、また終了後も、早速何件かお問合せを頂きました。

またこの展示会、アップコンのお客様も何社か出展。 お忙しい中、ご挨拶させて頂いたり、ブースにまで足を運んで頂いたり、ありがとうございました。

 

今回、東ホールのみで開催されていた『機械要素技術展』。 あまりにも出展希望社が多いので、来年は、西ホールも使って大々的に開催するそうです。

 

★☆★ コンクリート床沈下修正工法 アップコン ★☆★
沈んだコンクリート床の下に特殊ウレタン樹脂を注入し、樹脂の発泡圧力で沈んだ床を元に戻す工法です。床の沈下やたわみを、業務を止めずに超短時間で修正します。
 

不同沈下した住宅や、工場・倉庫・店舗等の沈んだ土間コンクリートなど。避難場所にもなる学校の教室や体育館の床も、短工期で修正します。


4コマ※ 詳しくは、
コンクリート床スラブ沈下修正工法アップコン

  

 

 

 

 

 

 

アーカイブ