アップコン通信

アップコン通信

ウレタン製土壌改良材『ナテルン』の出展

2014年2月16日 13:29

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

週末は、大荒れの天気でしたね。
アップコンが入居しているかながわサイエンスパーク(KSP)も、金曜日は昼過ぎから雪が激しくなり、日付が変わる頃にも吹雪状態で。。 この前の雪よりも、沢山降ったんじゃないかなあ??
2014021613160001.jpg
そんな中、アップコンは、展示会に出展していました。
出展していたのは、新しく開発した、ウレタン製土壌改良材『ナテルン』。
2014021613160000.jpg
緑化プロジェクトチーム(『ナテルン』の技術開発チームのことです)の技術くんたちが、お客様の対応。
朝から雪でしたが、交通機関も多少遅れなどがあった程度で、来場のお客様には、あまり影響がなかったようです。
この展示会、川崎市にある等々力競技場の横にある、等々力アリーナで開催。
開催は、2月14日(金)~2月15日(土)の2日間。
アップコンは、この『ナテルン』を出展したのは、今回で4回目でした。
『ナテルン』の透水性を紹介するのに、水槽と金魚を使って説明したり、
『ナテルン』の高いクッション性を紹介するのに、人工芝を使って実際にお客様に歩いてもらうコーナーを作ったり。
「昨年も出展してたね。」
「確か、床の沈下修正をやっているのでは??」
などなど、『ナテルン』紹介のための展示会にも関わらず、アップコン自体のことを知っていただいているお客様が多くいました。
そんな中、1日目は無事終了。
翌日。。
朝方に雪から雨に変わったようで、雨はほぼ止んでいたのですが。
交通機関もストップしてしまい、道路状況も悪く、私たちも会場に行けず、会社で待機していたところ、1本の電話連絡が。
「本日の開催は中止になりました。本日中に撤去願います。」
この悪状況では仕方ないですね。。
雪が多く残る中、撤去にも一苦労でした。。
今年は、1日限りの出展でしたが、また来年出展する・・・(かな)?
その時は、また『ナテルン』を見に来て下さい。

間もなく入社1年が経ちます

2014年1月27日 10:32

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

先日、地盤沈下が原因で沈んだ 九州にある倉庫の床沈下修正工事 をさせて頂きました。
施工面積が大きく、工期を早めるため、施工プラント車3台で対応させて頂きました。
昨春アップコンに入社した、3人の1年生たち。
入社して間もなく1年が経とうとしていますが、今や先輩技術くんたちからも頼られる存在になってきました。
そんな3人が、揃ってこの現場に対応。
ウレタン樹脂注入作業を任されました。
DSCF2646a.jpg DSCF2648a.jpg

 DSCF2649a.jpg

・建物内に荷物などがなく、レベル確認がしやすかったので、注入作業がやりやすかったです!
・お尻や膝が少し痛くなりましたが、次に注入作業を担当する時も頑張ります!
注入は、他の作業に比べて動きが少なく、一定のポーズを保たなければならないため、なかなか大変な作業です。
また他の作業員より、1枚多く作業服を着なければならないため、特に夏場は暑くなります。
暑い日も、寒い日も、、次の現場でも作業頑張ってください。

★☆★ コンクリート床沈下修正工法 アップコン ★☆★
沈んだコンクリート床の下に特殊ウレタン樹脂を注入し、樹脂の発泡圧力で沈んだ床を元に戻す工法です。床の沈下やたわみを、業務を止めずに超短時間で修正します。
 

不同沈下した住宅や、工場・倉庫・店舗等の沈んだ土間コンクリートなど。避難場所にもなる学校の教室や体育館の床も、短工期で修正します。


4コマ※ 詳しくは、
コンクリート床スラブ沈下修正工法アップコン


セレモニーホール その後・・

2014年1月20日 11:56

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

昨年アップコンが床沈下修正 及び 床下空隙充填工事をさせて頂いた、宮城県内のセレモニーホール。
先日、ご挨拶に立ち寄らせて頂きました。
DSC_0590.jpg
当時、床沈下修正と同時期に、一部改装(リニューアル)工事もされていたお客様。
すっかりキレイなホールに生まれ変わって、通常通り営業されてました。
この度はお忙しい中、ご挨拶させて頂き、誠にありがとうございました。
何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
今後ともアップコンを、どうぞ宜しくお願い致します。
アップコン工事の様子は・・、

★☆★ コンクリート床沈下修正工法 アップコン ★☆★
沈んだコンクリート床の下に特殊ウレタン樹脂を注入し、樹脂の発泡圧力で沈んだ床を元に戻す工法です。床の沈下やたわみを、業務を止めずに超短時間で修正します。
 

不同沈下した住宅や、工場・倉庫・店舗等の沈んだ土間コンクリートなど。避難場所にもなる学校の教室や体育館の床も、短工期で修正します。


4コマ※ 詳しくは、
コンクリート床スラブ沈下修正工法アップコン

  

福岡県内 住宅不同沈下修正工事

2013年12月13日 8:28

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

先日、福岡県内にある沈下した住宅の修正工事をさせて頂きました。
アップコンは、以前TBS『夢の扉』という番組で紹介されたことがあるのですが、施主様はこの番組を見てアップコンのことを知り、今回工事をさせて頂くことになりました。
PB190052 (2).jpgのサムネール画像
【注入孔削孔】
PB190054.jpgのサムネール画像
【ウレタン樹脂注入作業】
PB200056.jpgのサムネール画像
【孔埋め】
床下に潜っての沈下修正作業。
最大94ミリの沈下を、工期5日間で修正させて頂きました。
IMGP1810 (2).jpg
実はこの現場、施主様のご好意により、現場見学会を実施させて頂きました。
福岡を始め、アップコンは九州でも、多くの現場の沈下修正工事をさせて頂いていますが、「発注はしたことがないが、アップコン工法に興味あり。」というお客様も沢山いらっしゃいます。
そのようなお客様に、県内や近県から、多数この現場に来て頂きました。
●施工時の人員や配置は? 
●沈下修正時の作業スペースは? 
●施工精度は? 
●工事費は? 
●品質保証は? 
●九州の施工実績は?
などなど、見学していただきながら、多くの質問あり。
営業マンが現場について、しっかり説明させて頂きました。
この見学会実施にご協力頂きました施主様、誠にありがとうございました。
今後ともアップコンを、どうぞ宜しくお願い致します。
また、この現場に足をお運び頂きましたお客様、寒い中お越し頂き、誠にありがとうございました。何かご不明点やご相談などございましたら、お気軽にアップコンまでご連絡下さい。
======== 余談 ===========
この現場を担当した技術くん。 実は九州出身者がいました。
施工スタッフを引き連れて、知る人ぞ知る、美味しいラーメン屋に行ったとか。。
福岡を始め、九州は美味しい食べ物が沢山ありますからね。。。
九州にも、もっと沢山駆けつけて、地元ならではの美味しい食べ物を楽しみたいものです。

★☆★ コンクリート床沈下修正工法 アップコン ★☆★
沈んだコンクリート床の下に特殊ウレタン樹脂を注入し、樹脂の発泡圧力で沈んだ床を元に戻す工法です。床の沈下やたわみを、業務を止めずに超短時間で修正します。
 

不同沈下した住宅や、工場・倉庫・店舗等の沈んだ土間コンクリートなど。避難場所にもなる学校の教室や体育館の床も、短工期で修正します。


4コマ※ 詳しくは、
コンクリート床スラブ沈下修正工法アップコン

建設技術発表会 ~維持・管理技術編~

2013年12月9日 16:22

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

現在アップコンは、国交省の建設技術展示館において、NETIS登録している『コンクリート版沈下修正工法』を、11月1日から2年間、常設という形で展示をしています。
ブログの『国交省の建設技術展示館に出展します』をご覧下さい。 (←クリック。)
数ヶ月前、その展示をしているアップコンに、建通新聞社より、【維持・管理技術編】の技術発表会の参加案内がありました。国交省やゼネコンなどのご担当者、ご関係者の方が多数聴衆される発表会とのこと。 アップコンの工法も、道路や空港などの工事で採用して頂けるようになり、更に、この工法をアピールさせて頂きたいと考え、参加させていただくことにしました。
そして、12月5日(木)に、浜離宮建設プラザにて開催。
プレゼン時間は、1社につき25分間。
国交省 関東地方整備局のご担当者様のプレゼンを含め、全部で9社に及び発表会となりました。
ブログ用2.jpg
プレゼンターは、入社1年にもならない、営業マン。
実は、公共工事の営業担当として勉強中なのですが、今回、この発表会のプレゼンターとして抜擢されました。
パワーポイントでプレゼンのデータ作成後、技術くんたちに協力してもらい、社内で連続3日間、25分間の時間を計りながらプレゼン練習を行いました。 大勢の前でプレゼンをするのは、初めてとのこと。 技術くんたちの前でも、最初は、緊張して上手く話せなかったのですが・・。
「何をポイントに説明するのかを整理し、本番ギリギリまで、プレゼンの練習をしてました。。」
・・との感想。当日は、練習の成果が出たのか?? 一番スムーズに話すことができたのではないかと思います。
内容は、日本道路会議でも国交省のご担当者様に論文発表頂いた、福島県 郡山国道4号バイパスの災害復旧工事の実績をメインに、
・早期規制開放が可能な工法であること
・高強度のウレタン樹脂を使って施工を行うこと
をポイントにして、プレゼンをさせて頂きました。
======== 余談 ===========
会場場所は、都内にある浜離宮建設プラザ。
最寄り駅は、大江戸線の『築地市場』駅でした。
改札を出て地上に出ると、目の前は築地市場。
会場に向かう時、美味しいお寿司などを食べた帰りだろう・・・と思われる中国人の団体旅行客ともすれ違いました。。。
発表会が終了したのは、17時半頃。
時間があれば、立ち寄りたかった・・かな。

★☆★ コンクリート版沈下修正工法 ( NETIS: KT-080008-A ) ★☆★

特殊発泡ウレタン樹脂を使用してコンクリート版における段差やひび割れの原因を解消する工法です。また、特殊発泡ウレタン樹脂は路床・路盤の支持力を向上させ、コンクリート版の性能を回復させます。

 

適用: コンクリート版維持・補修工

〇道路 〇橋・トンネル等の踏み掛け版 〇港湾・空港エプロン等のコンクリート舗装版


4コマ※ 詳しくは、コンクリート版沈下修正工法 (NETIS: KT-080008-A) をご覧下さい。


お問い合わせ・ご質問・資料請求は、フリーコール(0800-123-0120)でも受け付けています。  

アーカイブ