アップコン通信

アップコン通信

【社長メルマガ】ある実験

2020年10月26日 12:00

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

 

 

第18号(2020/10/23発行)

 

 

 

ある実験

 

 

こんにちは!

コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。

  
 

スポーツの秋⚾⛳⚽です!

  
 

東京オリンピックもコロナの影響で延期になってしまいましたが、

健康第一を理念とするアップコンでは

社員全員で体力UP⤴に取り組んでいます。

  
 

  
今年からの新しい試みとして、毎月第一月曜日の午後15:00~17:30 を

健活タイム(健康活動の時間)として様々な運動をしています。

  
 

 

10月は社員をA~Eの5つのグループに分け、

総当たり2回のフットサル大会を行いました。

  

 

 

アップコンフットサル大会

 

 

ちなみに私が入っているチームEは現在1勝3分けの得失点差で2位につけています。

(メンバーにかなり恵まれています)

個人では得点1で同率6位です。(ゴラッソ!)

 

1日で全試合を終えることができないため続きは12月の健活タイムに持ち越しです。

  
 

  
この健活タイムではフットサル以外にも

体育館ではバスケットボール、ドッチボール、ポートボールそして大人の体力測定など。

事務所では脳トレ、動体視力測定など。

そして事務所のあるKSPビルの周りをランニングしたりしています。

(KSPの周囲は公園になっています)

  

  
就業時間中に行っているため

月に2.5時間x40人として=100時間

年間で1,200時間は通常の業務をしないで運動をしていることになります。 

 

それでも売り上げは落とさないようにしようと、

生産性を意識して働くようになってきました。

  
 

月に2.5時間の業務時間削減はさほど大きくはないように感じますが、

毎月の第1月曜日の日は、

通常8時間の業務を5.5時間で終えないといけないので大変です。

 

頭の中を分単位あるいは秒単位で管理しながら仕事を進めていかなくてはなりません。

無駄な時間を作らないように午後3時から逆算して効率よく業務を行っていきます。

  

  

  

  
3年前、アップコンはある実験を行っていました。

  
社員15名が隔週で、就業時間中の午前9時から11時まで2時間フットサルの練習をします。

プロのコーチ3人からみっちり指導を受けます。平日の朝に。

これを10か月間続けました。

  
 

目標は川崎フロンターレスポンサー対抗のフットサルの大会で1勝すること。

以前はこの大会で予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメントに出場していました。

ところが近年は、予選リーグで1勝もできない状態が・・・。

そこで、心機一転、本気で練習して、久しぶりの“勝利”を勝ち取ること、を目標としました。

 

 

フットサルチーム

結果は目標の1勝を達成することができ、次年度へ期待が持てるようになりました。

  
 

さて、この平日のフットサル練習には目的がありました。

練習して結果を出す。

そして、一人一人が結果によって達成感を味わう。

「練習をしっかりすれば結果が出て達成感を味わうことができる」

ということを体験する、が目的です。

この経験は今、それぞれの人が資格取得のために役立てているのではないでしょうか。

  
 

  
さて、さて、実は、

ある実験にはもう一つ別の目的がありました。

  
 

  
それは、

平日の午前9時から11時までフットサルをするということは、

移動や着替えの時間も入れると

午前中の勤務時間がすべてフットサルに使われてしまいます。

午後から出社しても通常業務は半日しかできません。

人によっては、効率が悪いから午後半休にしよう、という人もいます。

これを月2回、10か月続けて行いました。

  
 

  
ということは、

  
0.5日×2回×10か月=10日

  
一人当たり年10日間、フットサルをした人は15人ですから

年間延べ150人工が通常業務の代わりにフットサルをしていたことになります。

 
それでもこの年は過去最高の売り上げを達成したのです。

  
 

  
限られた時間だからこそ、集中して働くことによって生産性が向上する。

これを実現、体感することこそがもう一つの目的でした。

  

さらにこの実験にはおまけが。

年間延べ10日間フットサルをしていても業績が上がっていくのな

どんどん有給休暇を取って休みましょう!と

有給休暇を取得しやすい環境になったのです。

  

  
何となく会社に行って仕事をするのではなく、

 

”目的・目標をもって仕事に取組み定時に帰る”

 

 がアップコンの働き方です。

 

 

 

 

 

 name2

【社長メルマガ】6頭の象

2020年10月23日 10:00

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

 

 

第17号(2020/10/20発行)

 

 

6頭の象

 

 

 

zou

 

こんにちは!

コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。

 

 

“ウレタン”

ご存知ですよね?

 

 

メルマガ5号で

ウレタンについてご説明させていただきました。

ポリオールとポリイソシアネートという石油から生成される

2液の化学反応によってウレタンフォームが形成されます。

それではアップコンのウレタンにはどのような特徴があるのでしょうか?

アップコンは用途に合わせて主に3種類のウレタン樹脂を使用しています。

  

  
  ●沈下修正用樹脂

  ●空隙充填用樹脂

  ●高強度樹脂(公共工事用)

   

  
これら3種類のウレタン樹脂は同じポリイソシアネートを使いますが、

ポリオールはそれぞれ違う成分で構成されています。

よってそれぞれのポリオールとポリイソシアネートが化学反応を起こすと

上記のように異なるウレタン樹脂が形成されます。

  

それではこれらのウレタン樹脂はそれぞれ何が違うのでしょうか?

 

 

まず密度についてみてみましょう。

密度はkg/㎥という単位です。

1立方メートル(1mx1mx1m)のウレタン樹脂のかたまりが  

何キログラムかということです。

  

沈下修正用樹脂はなんと62.0kg です。

  
 

1立方メートルの水は1トン(1,000kg)なわけですから水と比べると圧倒的に軽いですね。

(ウレタンは水に浮くということです)

この場合、密度は62.0kg/㎥と表します。

そして比重は0.062となります。

  
空隙充填用樹脂は25.5kg/㎥、高強度樹脂は185kg/㎥です。

  
種類が違えば密度も異なるということですね。

  
 

  
この密度の違いによって圧縮強度が異なってきます。

圧縮強度とは圧縮荷重に対する1平方メートル当たりの耐力のことです。

単位は N/㎟ や kN/㎡ で表されます。 

圧縮時の材料強度と考えて差し支えないと思います。

 

 

 

一軸圧縮強度試験

一軸圧縮強度試験

 

 

 

沈下修正用樹脂は363kN/㎡、空隙充填用樹脂は51.9 kN/㎡

高強度樹脂は1400 kN/㎡

となります。

  
用途によって圧縮強度も全然違っているのがわかると思います。

  
 

  
それでは何トンの重さのものがウレタン樹脂の上に載っかっても

ウレタン樹脂はつぶれないのでしょうか?

  
N(ニュートン)を説明するとややこしくなるので、

それぞれの樹脂の数値を9.8で除してみてください。

  

 

そうすると

沈下修正用樹脂は37.0トン、空隙充填用樹脂は5.2トン

高強度樹脂は142.8トン

となります。

  
 

わたしたちの身近な単位で言うと

沈下修正用樹脂の場合、1平方メートル当たり37トンの荷重がかかっても

ウレタン樹脂はつぶれないということになります。

  
 

37トン/㎡の重さのものって何があるでしょうか?

コンクリートのかたまりで考えてみると約16メートルの高さまで

鉄筋コンクリートでは約15メートルまで積み上げることになります。

※アフリカゾウなら6頭分の重さです。

  
ちなみに倉庫の床の場合、建築基準法施行令第85条第3項で

3900N/㎡以上の積載荷重に耐える強度を要することと規定されています。

3900 N/㎡は約400Kgということになります。

  

  
アップコンのウレタン樹脂はこれほど高い圧縮強度があるということになります。

 

 

 

 

※物性値について

沈下修正用樹脂はオーバーパック率10%、空隙充填用樹脂はオーバーパック率0%、

公共工事用高強度樹脂はフリー発泡での数値になります。

 

 

 

 

 

 name2

【社長メルマガ】【後編】あれが人生の転機だった

2020年10月19日 12:00

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

 

 

第16号(2020/10/16発行)

 

 

あれが人生の転機だった【後編】

 

 

 

こんにちは!

コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。

 

 

 

 

 

「キャーッ!」

  

 

突然の叫び声に驚いて振り返ると、廊下に面したドアが開いていました。  

  
 
「キャッキャ!」「ウフフ!」

  

ドアは半分ほど開けられ、そこには3人の女性の顔が。

2人は重なり合うように顔をくっつけ、もう一人はしゃがみこんで二人の間から

こちらの様子をうかがっています。

3人とも化学の実験をする時のような白衣を着ています。

ここの化学工場で働いている人のようです。

  

ピーターは注入を止め、ジョーはドリルでの削孔を止め、

ジョンは3人のところへ近づいていきます。

 

「音が廊下に響いて他の人の迷惑になるから閉めてもいいですか?

と言うと

  

 

「私たち、この部屋で働いているの。」

「今日、自分たちの部屋がまっすぐになるって言われたので本当にそうなる

ちょっと見にきたのよ。」

「そうしたら、すごいじゃない、あなたたち。本当に床が上がるのね!」

「あんなに傾いていた床が真っすぐになるなんて。」

私たち実験するときにテーブルが傾いているからいつも苦労してたの。」

「もう、傾きを気にしながら仕事しなくていいんだわ。」

 

「ありがとう!」

「ありがとう、本当に感謝するわ!」

「お仕事頑張ってね!」

  

3人の女性は口々に言って部屋を後にしました。

 
 

先程の叫び声は“うれしい悲鳴”だったのです。

  
 

  
ジョンは静かにドアを閉め、

「さあ、続きをやろう!」とピーターとジョーに声をかけます。

どこかしら先程よりも3人の様子は楽しそうでエネルギッシュな感じがしています。

  

短い昼休憩をはさみ作業は午後3時頃完了しました。
ジョンが化学工場の責任者の人に作業結果の報告をします。

「これで床の傾きのことを気にしなくて仕事ができるよ。

君たち、本当にありがとう!」

ジョンは完了のサインをもらい、

「さあ、帰ろう!」と言って3人でトレーラーに乗り込み工場を後にしました。

私も彼らの後について工場を出発しようとしていたとき、

先程まで作業をしていた部屋の窓から3人の女性が私たちに手を振っているのがバックミラー越しに垣間見えました。

  

  

  

  

  

  
その日の夜、私は一人で考え込んでいました。

  

  

  

  
楽しそうな化学工場の3人の女性、

満足顔の責任者の人、

自信にあふれたジョンとピーターとジョー、

 

たった1日、施工現場を訪問しただけで

私が感じたのは、この施工に関わっている人たち誰もが幸せそうにしているな

ということでした。

  
 

  
私は、当時、設計施工一貫請負の会社を経営していました。

  
お客様と打ち合わせをして設計をし、施工業者を監理して建物を完成させる。

お客様は設計時に確認した内容通り(100点満点)のものが完成されると

喜んでくれます。

 

でも、当時私が目指していたものは105点とか110点、

満点以上の完成を目指していました。

  
例えばTVの劇的ビフォーアフターのように、

ここには亡きおじいさんが愛用していた○○が使われています、のような+αがある感じです。

  
その時はお客様が驚いてそして心から喜んで満足してくださいました。

逆に、大理石のタイルの色が1枚だけ周りと少し違っていたり(99点)したときなどは、

お客様は失望感をただよわせ、心の中は50点なんだろうなという

態度を取られたこともありました。

  
だから私は頑張って、いつも105点を取りに行こうと仕事をしていました。

  
 

ところが、このウレタンの床沈下修正工事は・・・

  

  
床が凹んだり傾いてしまったら、何とか建物は使用できたとしても

新築時100点だったものからすると50点とか60点くらいの価値ではないでしょうか。

ウレタンで床をまっすぐにしたところで築年数10年、20年経った建物は

決して新築時のような100点満点には戻りません。
評価60点の建物を80点くらいまでにしか上げられないのです。

  
なのに、あの工場の3人の女性や責任者の人は満点かそれ以上の評価をして喜んでいます。

  
 

  
これ、すごいんじゃない!!!

  
 

  
このウレタンを使って沈下したコンクリート床を上げる工法は

  

  
例えば、

  
重症な患者が治療のために入院し手術をする。

さらに何か月も療養しなくてはいけなかったのが、

手術もせず病院に3日間通院すれば治りますよ、

というような画期的な治療法(工法)なのではないだろうか。

  

手術は痛いし、日数もかかるし、費用も多額のため、

治療を先延ばしにしていたらどんどん悪くなる。

でもわかっているけれどなかなか手術をしようという決心がつかない。

  
ところが3日間通院したら治りますよとお医者さんに言われたら、

みんなこっちのほうを選ぶんじゃないだろうか。

  
 

  
工場の床が凹んだり傾いたりしたとき、

 

従来だったら、

床を壊してコンクリート打ち直して養生して、さらに機械も事前に移動しなくてはいけないし、

当然工場はストップ。

  
ところが、

工場は稼働したままでいいですよ。

3日間で真っ平にしますから。

このウレタンで・・・と言われたら。

  
 

  
これ、すごいんじゃない!!!

  
 

  
私は翌朝、“彼”のオフィスへ車を飛ばした。

ジャカランダの若草色の葉がシドニーの街に映える日だった。

 

 

 

name2

【社長メルマガ】【中編】あれが人生の転機だった

2020年10月16日 14:05

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

 

 

 

 

第15号(2020/10/13発行)

 

 

 

あれが人生の転機だった【中編】

 

 

 

こんにちは!

コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。

 

「あれが人生の転機だった」【前編】の続きです。

 

 

 

部屋の外に止めてあるトレーラーからは発電機の大きな音が聞こえ

ジョンとジョーが作業のための準備をしています。

しばらくするとピーターに代わってジョーが部屋に入ってきました

彼はまだ10代で、アルバイトでこの仕事をしているそうです。

ちなみにジョンとピーターは20代後半で正社員だということです

 

 

 

ジョーは早速白いチョークを取り出して床に✖印を付け始めます。

部屋の中に約1.5メートル間隔で格子状に印をつけていきます。

「何をしているんですか?」

と私が聞くと、

「床にドリルで穴をあける位置をマーキングしているのさ」

と答えてくれました。

 

 

化学工場に到着してから小半時ほど過ぎると、

3人がトレーラーに載っているコンテナの中から

重そうな長いホースを部屋の方へ引きずりながら運び始めました。

消防ホースの倍くらいの太さのホースの先には、

彼らが「ガン」と呼んでいる銀色に光る特殊な器具が付けられています。
彼らは窓を開け、部屋の外側と内側に分かれてホースを室内に入れていきます。

 

 

ホースの末端はコンテナの中にある機械と繋がっているようです。

ホースが室内に10メートルほど入ると次の作業に移りました。

ピーターがタイベックと呼ばれる白い防護服に着替えます。

コンテナの横にペイントで描かれていた白い服と一緒です。

 

 

ジョーが先ほど自分でマーキングしたコンクリート床にドリルで穴をあけていきます。

部屋の中は音が反響してすごい大きな音(騒音?)になっています。

ジョーは他の部屋で働いている化学工場の人の迷惑にならないよう

出入口のドアを閉めました。

ドアを閉めないと中廊下を通してすべての部屋に大きな音が響いてしまいます。

私は室内にいるため、たまらず両手で耳をふさぎました。

 

ジョンとピーターはコンテナに戻りまた別の作業をしています。

 

ジョーが10か所ほどドリルで穴を空けたころ、

ジョンとピーターも室内に入ってきました。

 

ジョンが私に

「Nobu, 今からこの部屋のコンクリート床を上げるよ」

と言います。

 

「このガンの先端からA液とB液が同時に出て

コンクリート床の下の地盤で混ざり合うんだ。

2液は化学反応を起こしてウレタンに変わるんだけど

その時の膨らむ力でこのコンクリート床を地盤から持ち上げるのさ

 

 

出た~!

 

これは3か月前、“彼”が初対面の私に言った言葉だ。

あの時

「コンクリートがウレタンで上がるわけない」と私は思った。

そして“彼”のことを「詐欺師だ」とも思った。

今ここでジョンが“彼”と同じことを言っている。

 

 

ジョンも詐欺グループの一員なのか?

 

 

続いて

 

「まず、これを見てくれ」

向こうにある部屋の隅に置いてある機器からレーザー光線が出ているんだ。

そしてピーターの前に置いてあるこのレシーバーと呼ばれる装置がレーザーを

キャッチしているんだよ。」

 

レシーバーと呼ばれる板状の装置には液晶パネルがあり「0」という数字が見えます。

 

「今、数字がゼロだろ。これから床が上がっていくとこのレシーバーも床と一緒に

上がっていくよね。すると数字も一緒に変わるからよく覚えておいてくれ」

 

「Nobuはピーターの後ろに立っていてくれ」

 

「ピーター、OK?」
「O~K~!」

 

ピーターの声が響きます。

 

 

プシュプシューッ!

 

ガンから音がします。

 

シューーーポンッ!

 

コンテナの中から音がします。

 

 

ピーターは独特のリズムでプシュプシューッ!と続けていきます。

ジョンが言います。

 

 

「Nobu ! 今床が上がっているのがわかるかい?」

「えっ?えっ?」

「もう10ミリ上がっているよ!」

「え~っ?」

「ピーターの横からレシーバーの数字を見てごらん」

 

 

私はピーターの作業の邪魔にならないように気を付けながら

レシーバーをのぞき込んでみました。

 

「あ゛~っすごい! +10になっている!」

「+11、+12、+13・・・」

 

レシーバーの数字はどんどん増えていきます。

 

そして私が立っているコンクリートの床も徐々に上がっているような・・・?

 

 

「上がっている! 本当に上がっている!」

 

少しずつですが、室内から外を見ていると窓枠の水平線と

外の景色がだんだんズレていくのがわかります。

 

 

「Stop !」

 

ピーターがプシュプシューッ!の作業を停止しました。

レシーバーの数字は+25を示しています。

 

「Nobu, 今の作業でここの床が25ミリ上がったんだよ。

わかるかい?」

 

ジョンが尋ねます。
確かに・・・

確かに床のへこみが始まる前と比べて少しフラットになってきたような気がします。

 

「この床はNobuを乗せたまま持ち上がってきたんだよ。

ウレタンはすごいパワーだろ?」

 

・・・確かにすごい。

 

「さあ、次の注入をするよ。ピーターOK ?」

「O~K~!」

 

ピーターはまた1.5メートル離れた隣の穴に例のプシュプシューッ!の作業を始めます。

 

「また、レシーバーをゼロにセットしたからよく見ていてくれ。」

ジョンが私に言います。

 

 

数字がゼロから+1、+2、+3とどんどん上がっていくのが見えたその時、

 

 

「キャーッ!」

 

 

突然の叫び声に驚いて振り返ると、廊下に面したドアが開いていました。

 

 

name2

【社長メルマガ】【前編】あれが人生の転機だった

2020年10月12日 15:52

※この記事は沈下修正の専門家アップコンの社長メルマガ

〔ニッポン上げろ!〕のバックナンバーです。

 

 

第14号(2020/10/9発行)

 

 

 

あれが人生の転機だった【前編】

 

 

 

こんにちは!
コンクリートを上げるからアップコンの松藤です。

今回は〔ニッポン上げろ!〕12号”彼”の続きです。

 

 

さて、
玄関のドアスコープから外を見てみると
3か月前に訪問した会社のラグビー選手のような“彼”が立っていました。

 
ドアを開けると
「Hello, Nobu !」
と、あの純真な子供のような笑顔。

 

ドアを開けると

 
「花は気に入ったか?」
「来週の月曜日は時間あるか?」
「見せたいものがある。」
「現場に行こう!」
「コンクリートは本当に上がるぞ!」

 
 
マシンガンのような早口で間髪を容れずにたたみかけてきました。
 
 

熱い気持ちの入った“彼”のオージーイングリッシュに圧倒されて
(花をもらった手前もあって)
 
「ォ、OK。」と私は答えてしまったのでした。
 

 

 

 
月曜日の朝、さわやかな快晴の日、
“彼”の事務所の前には大きなトレーラーが1台
エンジンをかけたまま停まっていました。
 
トレーラーの平型の荷台の上には
20フィート(約6メートル)コンテナが載っています。
その薄い水色のコンテナの側面には、白い作業着を着た人が
横向きでひざまずいているような絵がペイントされていました。
 
 
“彼”が現われました。

 
「Good Morning, Nobu !」
「彼らはジョンとピーターとジョーだ」
「今から現場に行くから、このトレーラーの後について行ってくれ」
「私は他の仕事があるから現場にはいかない」
「後は全部ジョンが説明してくれるから大丈夫だ」
 
「No Problem. Good Luck !」
 
と言い残して事務所の中へさっさと消えていってしまいました。

 

 

 

「え~っ! なんか約束と違う。」
と言っても、“彼”の事務所に集合して現場を見に行くとだけの約束だったので
詳細なことは一切言われてはいませんでした。
だまされたような気持ちと初対面の3人を前にしている不安な気持ちが交差している中、

 

 

「このトレーラーに付いてきてくれ」
「僕はジョン。あとピーターとジョー」
「Your Name ?」

 

顔にニキビ跡がある少し赤毛のジョンがリーダーシップをとって話しかけてきました。
 
「I’m Nobu. Nice to meet you 」
 
とあいさつすると
 
「ここから北西の工業団地へ行く。出発しよう!」
 
と言って3人はトレーラーに乗り込みました。
私も急いで自分のパサートに乗りトレーラーの後を追いました。
 
 
 
約1時間弱のドライブで私たちは目的地である化学工場に到着しました。
 
化学工場と言っても彼らが施工するエリアは
小学校のような建物の1階にあるひと部屋でした。
広さもちょうど2教室分くらいのほぼ正方形の部屋で、
化学物質を計量したり実験したりするために使われる部屋だそうです。
 
教室のように一方は腰から上くらいが全面窓で、
反対側の壁は出入り口の扉が一つあるだけです。
普段は机や測定機器が置いてあるそうですが、
今日は工事のためにそれらはどこかへ片づけられ部屋の中は空になっていました。

 

 

ピーターが部屋の中を案内してくれました。
ピーターのガールフレンドは日本人だそうで、日本語が少し話せます。
 
「Nobu, この部屋の真ん中の床が下がっているのが分かるかい?」
 
と言われて、薄い黄色のPタイルが張られているコンクリート床に目を落とすと、
確かに真ん中あたりが周りの床よりも低くくぼんでいる感じです。

 
「この床は部屋の角から比べると真ん中で80ミリ低くなっているんだ」
「ここは精密な検査をするところだから床が真っ平じゃないとダメなんだ」
「僕たちはこれを今日一日で直すんだよ」

 

「Nobuは部屋の端でそれを見ていてくれ」

 
と言ってピーターは準備のためトレーラーへ戻っていきました。

 

 

name2

アーカイブ