アップコン通信

アップコン通信

[アップコン通信]2017インフラ検査・維持管理展に出展! FRT工法を紹介します

2017年6月30日 14:19

 

7月19日~21日に東京ビックサイトで開催されるインフラ検査・維持管理展にアップコンは

「農業用水路トンネル機能回復研究会」として出展、FRT工法を紹介します。

この展示会は、インフラの老朽化対策に関する最新の技術・取り組みや

維持管理・更新に関わる技術を紹介する総合展示会です。アップコンで施工をおこなっている

FRT工法(Functional Restration Technologies For Agricultural Ditch Tunnels)

は小規模断面トンネルの維持・補修に特化した技術で

特長は●短工期コスト削減厳しい条件の場所でも施工が可能なことです。

5月22日号の日経コンストラクションでは巻頭ページで掲載されており、注目の工法です。

施工に使用する機材も展示予定です。是非ブースにご来場ください。

開催日時:7月19日(水)~21日(金)

開催時間: 10:00~17:00

ブース場所:東1ホール 1B-24

羽田空港へ

2014年9月5日 20:45

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

 

羽田空港

羽田空港 エプロン

 

先日のこと。

技術くんたちが、羽田空港へ、調査(測量)に行ってきました。

 

羽田空港

測量

 

羽田空港

大きな音が・・・

作業中、飛行機が近づくと耳を塞ぐ技術くん。

 

 

空港エプロンは、普通は入れない場所。

アップコンならではの仕事です。

 

 

 

 

新技術発表会 2014 in 東京 ~道路維持修繕のNETIS技術紹介~

2014年7月15日 10:23

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

 

国土交通省のNETIS技術登録されている アップコンの コンクリート版沈下修正工法。

道路維持修繕の技術として、先日(7/3)、東京(浜離宮建設プラザ)で開催された発表会でプレゼンを行いました。

 

会場

会場

 

この発表会は、アップコンが日ごろお世話になっている建通新聞社が主催なのですが、毎年、全国で開催しており、東京は今回は2回目。

1回目(昨年12月開催)に引き続き、今回も参加させて頂きました。

 

官公庁や建設会社、建設コンサルタントなどの関係者が多く来場。総勢200名ほど。

会場がほぼ埋め尽くされました。

 

プレゼン3

 

アップコンは2番目に発表。

硬質発泡ウレタン樹脂や、郡山国道4号バイパス災害復旧工事(福島県)の施工前後の映像を取り混ぜながら、約25分発表(質疑応答含む)をさせて頂きました。

 

発表時間が少し押してしまい、質疑応答時間が少なくなってしまったにも関わらず、質問も時間ぎりぎりまで受け、来場して頂いた方に、少しアップコン工法に興味を持っていただけたのではないかと思っています。

 

東京の他、大阪、名古屋で開催。

 

【大阪】

7月25日(金)  13:00~17:00

会場: エル・おおさか(新大阪駅より電車で30分位)

 

【名古屋】

9月10日(水) 13:00~17:00 (予定)

会場: ウインクあいち (名古屋駅前)

 

この両日も、アップコンは発表をさせていただく予定です。

受講は、事前申込制。(定員になり次第締め切り)

 

お近くの方は、是非お申込下さい。

(※申込に関する詳細は、建通新聞社へお問合せ下さい。)

 

 

NETIS登録技術: コンクリート版沈下修正工法(KT-080008-A) ←クリック!!

 

 

 

国交省・建設技術展示館でのアップコン工法(NETIS登録技術)紹介

2014年7月10日 15:04

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

 

道路維持修繕工として、NETIS技術登録されている、アップコンの『コンクリート版沈下修正工法』(NETIS: KT-080008-A)。

現在、国土交通省の建設技術展示館で、工法を展示しています。

 

その展示館で、先日、陸上自衛隊 勝田施設学校 の見学会が開催され、アップコンも参加。

ブースにて、NETIS登録工法を紹介しました。

 

その様子は、国交省のホームページに紹介されています。

(↑↑ クリック ↑↑)

 

 

アップコンブースに来た学生から頂いた、感想を、一部紹介します。

● 自衛隊では使用できるかわからないが、従来の壊す方法ではなく、型(=既設CO舗装版のこと)を残したまま施工できるので、すごいと感じました。

● わかりやすく、勉強になりました。

● とても良い経験になりました。もう少し時間がほしかった。

 

 

NETIS登録工法が、日経コンストラクションで紹介されました

2013年12月10日 10:31

こんにちは。 コンクリートを上げるから “アップコン” のココロです。

日経コンストラクション 2013年12月9日号に、アップコンがNETIS登録している 『コンクリート版沈下修正工法』が紹介されました。
硬質発泡ウレタン樹脂で沈んだ既設CO舗装版を持ち上げる

★☆★ コンクリート版沈下修正工法 ( NETIS: KT-080008-A ) ★☆★

特殊発泡ウレタン樹脂を使用してコンクリート版における段差やひび割れの原因を解消する工法です。また、特殊発泡ウレタン樹脂は路床・路盤の支持力を向上させ、コンクリート版の性能を回復させます。

 

適用: コンクリート版維持・補修工

〇道路 〇橋・トンネル等の踏み掛け版 〇港湾・空港エプロン等のコンクリート舗装版


4コマ※ 詳しくは、コンクリート版沈下修正工法 (NETIS: KT-080008-A) をご覧下さい。


お問い合わせ・ご質問・資料請求は、フリーコール(0800-123-0120)でも受け付けています。  

アーカイブ