よくあるご質問

よくあるご質問 [全建物共通]

全建物共通図面が必ず必要ですか?

図面がなくても対応出来る場合がございますが、 構造によって修正工法が異なるため、図面がない場合は調査が必要になります。

全建物共通調査の内容を教えてください

現状の床レベル(沈下量)の計測と空隙調査を行います。 直径16㎜の穴をあけCCDカメラで土間の厚さ、空隙量を確認します。

全建物共通どんな図面が必要ですか?

平面図、基礎伏図、矩図、沈下レベルがわかる資料などあれば、 より早くお見積をさせて頂きます。図面がなくても対応できる場合もございます ので、お気軽にお問い合わせください。

全建物共通1日どれ位修正できるのでしょうか?

・店舗、倉庫、工場、学校などの場合 平均修正量を50~60mmとした場合、施工実績を平均すると、100~150㎡/日の工事が可能です。これは施工プラント車(トラック)1台の場合で、…

全建物共通床沈下修正の施工精度は?

レーザーレベル、レーザー墨出し器等で常にミリ単位でレベル管理しながら、ウレタン樹脂をコンクリート直下に注入します。独自のノウハウで上がりすぎないように管理しています。