お知らせ

お知らせ

第3回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」最優秀賞(厚生労働大臣賞)受賞

2019年1月29日 9:12

報道各位

 

アップコン株式会社(神奈川県 川崎市:代表取締役 松藤 展和 以下アップコン)は、

1月23日(水)厚生労働省主催の「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」

において最優秀賞(厚生労働大臣賞)を中小企業の部で受賞いたしましたのでお知らせいたします。

 

この度の最優秀賞(厚生労働大臣賞)は、“健康増進の取組みや資格取得の推進により、

従業員の自主性・モチベーションを高め生産性を向上“したことが評価されたもの。

具体的には、プロジェクトとして健康を促進させる取組みを推進・実施する健康活動倶楽部

(通称健(けん)活(かつ)クラブ)を、部署を横断した組織で発足させ、健活ポイント制の導入、

非喫煙企業宣言他様々な取組みを整備した結果、病欠・遅刻の大幅減少に成功したこと。

社員全員が日本語検定3級以上の資格を入社1年以内に取得することを必須とした結果、

報告書の作成時間の短縮やコミュニケーション能力の向上を実現している。

また、従来2名体制で行っていた施工や調査時の削孔業務については、実用新案を取得した

集塵アタッチメントを使用することにより、当該業務を1名で実施可能としたこと、

ウレタン樹脂を使用した用途開発に取組むことで付加価値を向上している。さらに、

能力とやる気があればいつまでも働ける環境を整備し、過去80歳以上まで働いていた社員が

いるなど年齢によらず就労でき、年齢による処遇を変更しないこととしている点など。

 

【評価されたポイント】

・会社の理念(「健康第一」「安全第一」「家庭第一」)の「健康第一」を達成するため“健活ポイント制度“

 など独自の取組みを導入し、病欠・遅刻の大幅減少に成功

・日本語検定の受験を必須とし、報告書の作成時間の短縮に成功

 作成時間:6.71時間(2014年)➡2.63時間(2017)
・施工や調査の際の削孔業務において、新技術を用いることにより生産効率上昇
・定年制度がなく、年齢による処遇変更をしていない

 

アップコンでは、これらの取組みの状況や結果を具体的な数値で管理しており、
数値として提示することが出来るよう社内管理もされている。

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

アップコン株式会社

広報担当 龍野

TEL:044-820-8120

e-mail:htatsuno@upcon.co.jp