施工事例

住宅の沈下修正(不同沈下修正)

【引っ越し不要】床と壁、壁と天井の隙間を改善(沈下修正・空隙充填)

2017年5月23日 16:40

熊本地震の影響により熊本市東区にあるマンション1階部分の床が沈下。
床と壁の間や壁と天井の間に隙間ができていました。
引っ越し不要で修正できるアップコン工法が採用され、当社にて修正を行いました。

 

 

熊本市東区マンション 土間床下空隙充填工事+土間床沈下修正工事

沈下修正面積:約1201㎡(15部屋)
最大沈下量:-61mm
工期:15日間

 

 

 

【施工手順】

養生状況

養生状況

作業車を所定の位置に置き、使用機材の準備を行い、

カラーコーンの設置により第三者への安全確保を行いました。
現況の高さを把握する為、レーザー墨出器により測量を行いました。
作業に関係する場所は、養生を行っています。

 

削孔状況

削孔状況

 

注入位置をマーキング後、φ16㎜のドリルにて削孔しました。

施工範囲の低い箇所から順次、土間コンクリートに無理がない様に注入し、

注入箇所だけではなく周辺部(影響が予想される範囲)の高さも常に確認しながら

慎重に注入作業を行いました。

 

無収縮モルタルによる穴埋め

 無収縮モルタルによる穴埋め

 

無収縮モルタルにより、注入孔の穴埋めを行いました。
削孔したフローリング材やスタイロフォームは貼り戻し、復旧しています。

施工場所の清掃を行い、注入等で出た廃材、ホースを車輌に積み込み作業完了。

 
【天井と壁の隙間の改善】
沈下によりできていた床・天井・壁にできた隙間が、沈下修正により改善された。

 

左:施工前 右:施工後

左:施工前 右:施工後

左:施工前 右:施工後

左:施工前 右:施工後

左:施工前 右:施工後

左:施工前 右:施工後

 

 

アップコンなら床の沈下も引っ越し不要で修正!
日本全国、調査・施工にお伺いしておりますので、何かございましたらお気軽にお問合せ下さい。

施工事例

アーカイブ